ミニバス女子ワンハンドシュートについて

シュート
この記事は約3分で読めます。

最近のミニバスの試合でも女子がワンハンドシュートをしている子を結構みかけるんですよね。まだまだ女子では多くの方がツーハンドシュートですが、WNBAではほとんどの選手がワンハンドシュートです。日本のバスケは遅れているとはいえ、ネットが発達してからは動画(YouTube)でもいろいろなプレイが見れるので近年はだいぶ選手のレベルも上がってきれいるはずです。そこで、今回はミニバス女子のワンハンドシュートについてお話したいと思います。

世界基準はワンハンドシュート

日本はかなり遅れている女子のシュートフォームについてですが、まだまだ両手で打つシュート「ツーハンドシュート(ボースハンドシュート) 」が一般的です。しかし、世界基準として私が考えているアメリカの女子プロバスケットボールリーグ「WNBA」では、ほとんどの選手がワンハンドシュートです。昨今の日本でもちらほらワンハンドシュートの選手を見かけますが、まだまだ、日本では普及されてなくてこれから徐々にではあるが普及していくると思われる。特にミニバス女子ではワンハンドシュートを推奨すべきである。

日本も世界基準にするべき

日本もこれから世界と戦うためにはワンハンドシュートで指導すべきであると考えます。日本だけミニバスという括りがあり、シュートも女子だからツーハンドシュートと考えていくとどんどん世界から遅れをとることになり世界でも通用しなくなってしまうのではないかと思います。日本もアメリカと勝負するには世界基準のワンハンドシュートをミニバスの時から教えることが大切ではないかと思います。

指導者の教育が必要

シュートフォームを指導できる指導者はほとんどいない

ワンハンドシュートにはメリットが多い

ワンハンドシュートはツーハンドシュートに比べ多くのメリットがあるといわれております。近年では指導者講習や雑誌でも女子のミニバス期からのワンハンドシュートを推奨しております。


ワンハンドシュートのメリットとは…

1.キャッチからのシュートが速い

→体の向きをリングに正対しなくとも速く放つことができます。

2.体のバランスが崩れてもシュートを放つことができる

→ボースハンドシュートはリングに正対しなければシュートを放つことは難しいですが、ワンハンドシュートであれば正対せずとも、もしくは多少、体勢が崩れても比較的簡単に対応できます。

月バス.com( https://www.basketball-zine.com/w1 )

日本の有能な指導者も推奨してきている 日本ミニバスケット協会」もワンハンドシュート推奨してるんです。 

女子選手におけるワンハンドシュートの推奨について

いまでは都道府県内でも多くのワンハンドシュートを推奨しております。

コメント

タイトルとURLをコピーしました