ミニバス初心者は楽しく

初心者
この記事は約2分で読めます。

ミニバス初心者特にバスケットボールを始めた子供やまだ初めて数年の子供はバスケットボールを好きになることが大切です。好きこそ物の上手なれであると思います。

私もバスケットボールに惹かれ、そこからのめり込んだという経験があります。

  • シュート入れた時のうれしさ
  • ディフェンスでカットしたとき
  • アシストをしたとき
  • かっこいいバッシュをはいたとき
  • かっこいいユニフォームをきて試合にでたとき
  • ほめられたとき

など多くの要素があります。この要素を感じされることがとても大切です。もちろん、目標を与えることも大切なのですがここでは楽しさを重視していますのでそこは省かさせていただきます。

この環境を自分で作り出すこと大切かもしれませんが やはり、そこに指導者(コーチ)や家族がいたことは事実です。

私の経験になりますが、私はバスケを始めた時にコーチに恵まれていたと思います。特に親がバスケットボールをやっていたわけではないし詳しくもなかったです。先ほど、箇条書きした部分がバスケットボールにのめり込んだ大きな理由になったことは確かです。

やはり指導者(コーチ)の影響が大きかった!!

ぜひ、このページは選手の親御さんはもちろん、コーチ(指導者)の方も読んでいただきたいと思います。

指導者(コーチ)の重要性

コーチに褒められたい。認められたい。コーチにどういう風に見られているのかということを子供たちはとても気にします。私も確かにこれは思っていたと思います。ということはコーチの役割は非常に大きいのではないかと思います。すでにバスケットボールの楽しさを感じ、これからもっとうまくなりたいと思っている子供たちは問題ないと思います。ただし、これをやりすぎると燃え尽き症候群になってしまいます。これはバスケットボールの先進国アメリカではあまり見られない傾向ですが、どうやらこれは日本の教育にも関係しているようです。

家族のフォロー

指導者(コーチ)の重要性はもちろんですがやはり、毎日一緒に家族のサポート・フォロー、環境も大切です。これは特に何をするかということはないかと思います。子供の様子を見ることです。子供が今、どんな状況なのか?バスケットボールを楽しんでいるか?楽しくないのか?指導者(コーチ)との相性はどうなのか?などを観察するだけでいいと思います。親がめんどくさそうにしていたりしていると多感な時期の子供はわかってしまいます。なので、観察していることがおすすめです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました